SE構法-練馬・板橋の注文住宅(SE構法)ならカオル工務店

SE構法とは

logo_se.gif長野オリンピックアリーナエムウェイブに代表される、大規模木造建築物の技術を住宅へ応用した最新の住宅構造です。主要構造部には品質の安定した構造用集成材を使用し、それを特殊なSE金物で接合しています。
そして、全ての建物を構造計算を行うことで、その安全性の高さを数値的に立証しているのです。国土交通大臣認定を取得しており、公にその性能を認められている構法なのです。

se1_01.gifse1_02.jpgse1_03.jpgse1_04.jpg

SE構法の特徴

se2_01.jpg「SE構法」では、その主要構造部である基礎と柱、柱と梁がSE金物によって強固に接合されています。耐震性に非常に優れているのはもちろんですが、構造的に柱の本数や耐力壁の枚数を極端に減らすことが可能なり、これまでの木造住宅では不可能であった大空間や大開口を実現することができます。
また、構造躯体(スケルトン)と内装間仕切り(インフィル)を分けて設計することが可能なので、将来のライフスタイルによって間取り変更が容易になり、真の意味でのロングライフ住宅になるのです。


se2_02.jpgse2_03.jpg


SE構法についてもっと詳しく知りたい方は、NCNのホームページをご覧下さい。


NCNとは

logo_ncn.gifSE構法は規定の講習と試験に合格した「SE構法登録施工店」でなければ販売施工できません。NCNとはNew Constructor's Network(工務店の新しいネットワーク)という高い技術を持つ工務店・住宅ビルダーのネットワークの総称です。この登録施工店が責任を持って施工管理することで、構造体の長期保証を受けられる信頼性を持つことができるのです。

ncn_04.gifncn_01.gifncn_02.gifncn_03.gif